ヤス

性欲が低下してしまうと、妻や彼女が浮気してしまうのではないかと、心配になってしまいますよね。
実際に男性の性欲減退が離婚や破局の原因になることもあります。

このページでは、性欲減退の症状と対策について紹介します。

性欲減退の特徴的な症状

性欲減退には、「テストステロンの減少が原因の症状」と「心理的・精神的な要因が原因の症状」という2つの特徴的な症状があります。

とくに男性ホルモンであるテストステロンの減少が原因の症状は、加齢とともにリスクが高くなる症状です。

2つの特徴について詳しく紹介していきますね。

症状の特徴1:テストステロンの減少が原因の症状

男性ホルモンであるテストステロンの減少は、性欲を減退させる原因になります。

下の図は、年齢によるテストステロンの分泌量の変化のグラフです。

図のように、テストステロンは、20代の前半をピークに20代後半から30代にかけて減少し、40代、50代あたりを境に急減していきます。

この男性ホルモンが低下すると性欲減退以外にも、ED(勃起障害)、肥満(メタボリックシンドローム)や心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高くなる、筋肉低下や筋肉痛、疲労感、トイレが近くなる、体のほてり、発汗、頭痛、めまい、耳鳴りなど、多くの症状がおきやすくなります。

また、イライラ、不安、うつ、集中力・記憶力の低下、不眠といった精神的な症状をともなう特徴もあります。

とくに40代、50代、60代の方は、テストステロンが減少によるLOH症候群(男性更年期障害)の可能性があります。

症状の特徴2:心理的・精神的な要因が原因の症状

限度を超えた過度のストレスや精神疾患、体の疲れは、性欲を減退させる原因になります。
とくに20代や30代前半の方は、仕事のストレスや疲れが要因となり、性欲が低下している可能性があります。

また、夫婦・恋人関係によるストレスが原因となり、妻や彼女にだけ性欲がわいてこないといった症状もおこることもあります。
妊活していたり、仲が良すぎたりする夫婦にみられるのが特徴的です。

性欲減退の対策

性欲をアップするためには、「ストレスを発散する」、「テストステロンを増やす」2つの対策が性欲減退を改善するポイントになります。

対策1:ストレスを発散する

適度な運動、趣味の時間を作る、温泉などでリラックスをするなどして、たまったストレスを発散させる時間を作りましょう。

ストレスがたまってしまうと、性欲減退以外にも、疲れ・疲労感が抜けなかったり、ED(勃起障害)になったりしてしまうことがあります。
そのため、リラックスする時間を作り、ストレスをためないことが性欲減退を改善するポイントになります。

とくに20代、30代の方は、仕事や家庭のストレスが知らず知らずのうちにたまってしてまっていることがありますので、注意してくださいね。

まずは、「会社帰りに一駅歩いて帰る」、「週に1〜2回程度、ランニングやウォーキングをしてみる」など、少しずつチャンレジしていきましょう。

対策2:男性ホルモンであるテストステロンを増やす

男性ホルモンであるテストステロンを増やすには、下の5つの対策がポイントになります。

それは、

  • 自分にあったリラクゼーションをみつける
  • 良質な睡眠をとる
  • 適正な体重を保つ(肥満は注意)
  • 運動をする
  • 精力剤を服用する

一つずつ説明していきますね。

自分にあったリラクゼーションをみつける

男性ホルモンを減少させる一番の原因がストレスです。
そのため、テストステロンを増やすには、ストレスをためこまずに、リラクゼーションをしていくことが大切です。

例えば、気功やヨガ、ラジオ体操、ウォーキングなど、自分にあったリラクゼーション方法をみつけましょう。
とくに、集団でおこなう、声を大きくだすのが効果的です。

良質な睡眠をとる

テストステロンを増やすには、「睡眠時間」と「睡眠の質」が大切になります。
睡眠時間が少ないとテストステロンの生成量が減少したという研究データも発表されています。

最低でも6時間以上の睡眠時間を確保するようにしましょう。

また、睡眠時無呼吸症候群など、睡眠障害もテストステロンの生成量に影響をあたえてしまいます。
そのため、肥満には注意しましょう。

適正な体重を保つ(肥満は注意)

適正な体重を保つようにしましょう。
肥満(メタボリックシンドローム)の方は、適正な体重の男性に比べて、テストステロンの減少が多いという研究データもでています。

運動をする

運動は男性の減少を抑える効果があります。
また、運動にはテストステロンを増やす効果があります。

とくにダンベル体操やスクワット、腕立て伏せや腹筋などの無酸素運動は、筋肉の維持や強化に役立ち、男性ホルモンを維持する効果も期待できます。

精力剤を服用する

男性ホルモンを高めるといわれる「マカ」や「トンカットアリ」、「ソフォン」などを配合している精力剤の服用もおすすめです。

また精力剤には、疲れ・疲労を回復するビタミン類やミネラル、アミノ酸なども含まれています。
そのため、疲れ抜けないといった20代や30代の方の性欲減退の症状にもおすすめです。

下の記事で、精力剤のおすすめランキングを紹介していますので、参考にしてください。

精力剤・精力サプリメントおすすめランキング

テストステロンを増やすことは、健康維持にも大切

性欲減退には、「テストステロンの減少が原因」、「心理的・精神的な要因が原因」の2つ症状があることがおわかりいただけたと思います。
とくに男性ホルモンであるテストステロンは、加齢とともに減少していくため、40代、50代、60代になると性欲が低下してしまうことがあります。

そのため、普段から「運動をおこなう」、「自分にあったリラクゼーションでストレスを発散する」ことが大切になります。
また、テストステロンを維持することは、メタボリックシンドロームや糖尿病など、病気を予防し、健康維持におすすめです。