ヤス

はじめまして、教師びんびんプロジェクトを運営しているびんびんマンこと管理人のヤスです。

現在は、妻と大学2年生になる長男、高校3年生になる長女、猫のパンチョと楽しく暮らしています。
そんな我家ですが、実は、数年前まで夫婦関係が悪く離婚の危機にいました(熟年離婚されるのではとヒヤヒヤしていました・・・)。

というのも私が40代の半ばにさしかかったころから、ペニスの勃ちが悪くなったり、性欲が低下したりといった精力減退の症状で悩みはじめたからです。

妻からは『私に興味がなくなったの?』、『浮気でもしてるんじゃないの?』といわれ、それまで週に1、2回のペースでおこなっていた夜の営みもなくなってしまいました。

いろいろな勃起力がアップするといわれるトレーニングを試したり、食事・食べ物を試したり・・・。
離婚されたくないという気持ちの焦りも手伝い、精力が増強するといわれているものは、ありとあらゆることを試してきました。

このサイトでは、私が妻との関係を取り戻し、50代になった今も現役バリバリでいられるようになった中で、試して良かったこと、悪かったことをお伝えしていきます。

40代からはじまった私の精力減退との戦い

あれ、疲れがたまっているせいじゃないの・・・

キスをするだけで勃起していた私のペニスの勃ちが悪くなりはじめたのは、忘れもしません45歳のときでした。この年は、課長に昇進したこともあり、仕事で帰りが遅くなったり、接待で飲み会が多くなったりと、疲労とストレスがたまっていました。

最初は、妻からも「疲れてるんじゃない?」といわれ、『疲れがたまっているんだなぁ・・・』と思い、あまり気にしないようにしていました。

しかし、課長になってから3ヶ月経っても症状の改善はみられず、むしろ症状は、中折れしたり、まったく勃たなかったりと、ひどくなっていったんです。

また、セックス中に萎えるんじゃないかという不安が失敗のトラウマとなり、妻との夜の「営みを疲れているから」という理由を作り、拒むようになっていたのを今でも覚えています。

そして、「あれ、疲れが原因じゃないかも」と考えるようになっていきました。

今思えば、このときが、私の精力減退の症状と向き合う日々のはじまりでした。

妻との不仲・・・精力減退を克服することを決意

私が拒み続けた結果、妻から迫ってくることもなくなり、夫婦の夜の営みは完全になくなっていきました。すると妻からは、「いびきがうるさいから別の部屋で寝てください」といわれ、リビングのソファーで寝る日々がはじまりました。

そんな生活を1ヶ月ぐらい続けていたところ、妻から「私に興味がなくなったの?」「浮気でもしてるんじゃないの?」といわれるようになり、ますます会話がなくなり、夫婦の仲が悪くなっていったことは、今でも忘れることはできません。

そして熟年離婚されるんじゃないかという心配がつのっていき、恐怖へと変わっていきました。

そのことがきっかけとなり、生涯現役バリバリでいたいという思いが強くなっていき、年齢のせいにしていた精力減退の症状としっかり向き合って克服することを決意しました。

いろいろ試す過程の中で

それからというもの、勃起力が低下するEDや性欲減退の症状についていろいろ調べて、趣味の釣りをしてストレスを解消をしたり、精力剤サプリメントを飲んだりと、いろいろな精力増強方法を試しました。

しかし、症状の改善が一向にみられず・・・むしろ朝立ちが確認できる頻度が減っていき、悩みがさらに深くなっていきました。

いつも通っている針鍼灸師の先生に「精力がアップするツボってないんですか?」と冗談のつもりでいったのがきっかけでした。

その方は、普段の治療の一貫として、不妊治療や男性更年期生涯へのアドバイスをしているとのことだったので、私もその方の知識をいろいろ教えていただきました。

最初に「精力減退は病気のサインだから気をつけないとダメだよ」といわれ、驚きました。
放置してしまうと、心筋梗塞や脳梗塞など、大きな病気の原因になるとのことでした。

「妻に離婚される恐怖」と「病気の恐怖」を早く克服したいという思いが強くなり、その方から教えていただいた重要なポイントをリストアップして、精力増強方法を実践しました。

教えてもらった精力増強方法を試してみたら

私がリストアップしたおもな項目です。

  • 運動するポイント
  • 食生活(食事・食べ物)のポイント
  • チントレの正しいやり方
  • 精力剤(サプリと薬)の正しい使い方と注意点
  • その方がオススメしている精力剤サプリ

その他、寝る前のストレッチや睡眠時間をしっかり確保するなど、リラックスする時間も作り、ストレスをためない生活を心がけました。

妻との関係が戻る過程で

精力剤サプリを飲んだり、トレーニングしたりと、教えてもらった精力が増強する方法を3ヶ月間ぐらい続けたところ、身体の倦怠感がなくなる、朝立ちが確認できる頻度が増える、アダルト動画をみたときの勃ちが良くなるなど、目に見えて変化を実感できるようになってきました。

男としての自信も少しずつ取り戻すことができてきたので、妻に今までの事情を話し、理解してもらうことができました。

もちろん夫婦関係も以前のように戻り、週に2、3回は夜の営みをするまでになっています。

精力減退を克服したあとも男性機能の勉強を続け、今では、私と同じように悩んでいるという方に、アドバイスする機会も増えてきました。

そして、私がこれまでに経験してきた「男性としての自信がなくなったことへの悔しさ」や「精力減退に対する対処法」をこのサイトをとおしてお伝えしたいと思い、当時の経験を思い出しながらこのサイトの記事を書いています。

40代からはじまった私の精力減退との戦いまとめ

ヤス

今こうして、楽しく暮らせているのは、妻との離婚危機の経験、精力減退を克服していく中で、あれこれともがき苦しんだ過去の私からの贈り物だと思います。

50代に突入しましたが、私の息子と娘の結婚式、そして孫の顔がみれるまでは、妻と二人で長生きしたいと思っています。

週に2回以上のセックスをしている人は、週1回以上の人に比べて心筋梗塞や脳卒中になるリスクが少ないという研究結果もでています。

つまり、生涯現役を続けることで、夫婦関係だけではなく、健康維持にもつながります。

私自身の精力減退を克服した経験や他の方の「男としての自信がとり戻せた!」という実績をもとに、サイトを作っていますので、みなさんも男としての自信をとり戻すのはもちろんのこと、私と一緒に健康維持をしていきませんか。

質問やご意見がありましたらお気軽にお問い合わせください

勃起力や性欲の低下、EDや短小など、精力減退のことで悩んでいることがあったら気軽に質問やお問い合わせをしてください。
私のほうでいろいろ調べて、お伝えできるできることがあったらいいなと思っています。

もし何か、「精力剤(サプリ、薬)」とか、「チントレのやり方」など、知りたいというのがありましたら、お気軽にこちらからお問い合わせください。

また、「こんな情報を追加してください」とか、「ここの記述、誤っていると思います」など要望やご意見もお待ちしています。

すべてのお問合せにお応えできないかもしれませんが、回答メールを差し上げることがありますので、メールアドレスにお間違いがないか、ご確認いただけますとうれしいです。

いただいた質問や疑問点は、サイト上で紹介させていただく場合がありますので、ご了承ください。
(個人情報やお名前などは伏せさせていただきます)